ドルトムントvsバイエルンのDFLスーパーカップが5日に行われ、2-2で90分を終了した。そしてPK戦を4-5で制したバイエルンが2年連続6度目の優勝を飾っている。ドルトムントのMF香川真司は欠場した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

ドルトムント採点
GK
38 ビュルキ 6.5
勝利に導けなかったが、好守を連発

DF
26 ピシュチェク 5.5
守備に徹してリベリをケア

25 パパスタソプーロス 6.0
バルトラと共に中央を締めた

5 バルトラ 6.0
不安定なザガドゥをカバー

2 ザガドゥ 5.0
自身の背後を何度も取られる不安定ぶり

(→パスラック -)

MF
19 ダフード 5.0
徐々に消えて前半で交代

(→ローデ 6.0)
中盤を活性化

8 シャヒン 6.0
持ち前のパスワークでリズムを作った

27 カストロ 6.0
攻撃によく絡んだ

FW
7 O・デンベレ 6.0
決勝点をアシスト。カウンターの起点に

17 オーバメヤン 6.0
なかなかシュートシーンがなかったが、少ないチャンスを決めきった

22 プリシッチ 6.0
消えている時間があるものの、先制点奪取

(→M・フィリップ -)

監督
ボス 6.0
PK戦で敗れたものの、プレシーズンマッチよりは状態は上がっている様子

バイエルン採点
GK
26 ウルライヒ 6.5
防げるシュートは止め、PK戦で2本ストップ

DF
32 キミッヒ 6.5
ラームを彷彿とさせるタイミングの良いオーバーラップが目立った

5 フンメルス 6.0
集中切らさずプレー

8 ハビ・マルティネス 4.5
ボールロストから失点に関与。負傷交代

(→ジューレ 6.0)
同点弾に絡む

13 ラフィーニャ 5.5
不慣れな左サイドバックで守備に専念

MF
23 ビダル 5.5
攻撃にさほど絡めず

19 ルディ 6.5
正確なフィードとミドルシュートで攻撃面で違いを生む

24 トリッソ 5.5
守備に気を遣い、やや攻守に物足りず

(→レナト・サンチェス -)

FW
25 ミュラー 5.5
前半終盤、好機に絡んだ

(→コマン 5.0)
試合に入れなかった

9 レヴァンドフスキ 6.0
少ない決定機を確実に決めた

7 リベリ 6.0
キレのあるドリブルを随所に見せる

監督
アンチェロッティ 6.0
ドルトムント同様、散々なプレシーズンマッチの内容に比べると改善されている

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
キミッヒ(バイエルン)
PKこそ失敗してしまったが、質の高いプレーで攻守に活躍。2点に絡んで不調のチームを救った。

ドルトムント 2-2(PK4-5) バイエルン
【ドルトムント】
プリシッチ(前12)
オーバメヤン(後26)
【バイエルン】
レヴァンドフスキ(前18)
OG(後43)

バイエルン (PK5-4) ドルトムント
1.レヴァンドフスキ 〇〇 デンベレ
2.リベリ 〇 〇 フィリップ
3.キミッヒ × 〇 オーバメヤン
4.ルディ 〇 × ローデ
5.ビダル 〇 〇 カストロ
6.ジューレ〇 × バルトラ