フランクフルトは6日、FSVフランクフルト(ドイツ4部)とフレンドリーマッチを行い、5-2で勝利した。サガン鳥栖から今シーズン加入したMF鎌田大地は先発フル出場し、1ゴール3アシストと勝利に貢献した。日本代表MF長谷部誠は欠場した。

試合は7分、左サイドを崩すと、ボックス内でパスを受けたバルコクがシュート。これはGKがセーブするも、こぼれ球を走り込んだ鎌田が冷静に流し込み、フランクフルトが先制する。

さらに21分、ハーフウェイライン付近で相手ボールをカットすると、パスを受けた鎌田が前線へ浮き玉のパス。これに抜け出したフルゴタがループシュートで沈め、フランクフルトがリードを広げる。

前半を2-0で終えたフランクフルトは47分、セットプレーのこぼれ球から追加点を奪う。こぼれ球を拾ったダ・コスタがボックス内右からクロスを送ると、ファーサイドで鎌田がヘッドで折り返し、最後はダダショフが押し込んでリードを3点に広げる。

さらに65分には、フランクフルトがPKを獲得するとベスシュコウが冷静に沈めてリードを4点に。72分にアズアグに1点を返されるも、81分には追加点。浮き玉を相手DFがクリアミスすると、GKとの競り合いのこぼれ球を鎌田が落とし、最後はヨビッチが流し込んで再びリードを4点とする。

しかし、FSVフランクフルトも粘りを見せる。83分、左サイドからのクロスを35が緩慢な対応でミスすると、ナマビザデーが押し込んで1点を返す。

その後もフランクフルトがペースを握り、終了間際にはCKからダダショフが決定機を迎えるもDFが間一髪クリア。そのまま試合は終了し、フランクフルトが勝利を収めた。

フランクフルト 5-2 FSVフランクフルト
【フランクフルト】
鎌田大地(前7)
フルゴタ(前21)
ダダショフ(後2)
ベスシュコウ(後20)
ヨビッチ(後36)
【FSVフランクフルト】
アズアグ(後27)
ナマビザデー(後38)