エバートンがスウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)の獲得に近づいているようだ。エバートンを率いるロナルド・クーマン監督が6日、イギリス『スカイ・スポーツ』で語った。

今夏、イングランド代表MFロス・バークリーの退団が決定的となっているエバートンは、その後釜として昨シーズンの公式戦40試合に出場して10ゴール13アシストを記録するなど、プレミアリーグ屈指の攻撃的MFとして知られるシグルドソンの獲得に動いている。

だが、同選手の放出条件を5000万ポンド(約72億2000万)に設定しているスウォンジーに対する4000万ポンド(約57億7000万円)の最初のオファーは拒絶され、獲得交渉が難航している。

それでもクーマン監督は6日、『スカイ・スポーツ』のインタビューでシグルドソンの交渉が進展し、獲得に近づいていると語った。

「多くの人が知っているように我々は3人の新戦力補強を目指している。センターバックと左サイドバックでプレー可能な左利きのDF。ウインガーとストライカー、創造性を持ったプレーヤーだ。何が自分たちにとってベストかを考えながら、我々はそれに取り組んでいる」

「(シグルドソンに関して)我々は獲得に迫っているが、待つ必要がある。ただ、獲得交渉は完了していない」