トルコ・スーパーリーグに所属するアンタヤシュポルは7日、昨季限りでハンブルガーSVを退団したスイス代表DFヨハン・ジュルー(30)の加入を発表した。契約期間は2019年までの2年となり、更なる契約延長オプションも付随している。

アーセナルでプロデビューを飾ったジュルーだが、トップチームでは思うように出場機会を伸ばせず、2014年には前年にレンタルで加入していたHSVに完全移籍。同クラブではレンタル期間を含めて、公式戦104試合に出場し、2ゴールを記録していた。

昨シーズンはシーズン途中までキャプテンを務めていたものの、監督交代の影響で日本代表DF酒井高徳にキャプテンマークを譲り、リーグ戦の出場も14試合にとどまっていた。