ブライトン&ホーヴ・アルビオンは7日、PSVからオランダ代表MFダヴィ・プレパー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。

なお、ブライトンは今回の移籍金をクラブ史上最高額と伝えており、イギリス『スカイ・スポーツ』は1000万ポンド(約14億4000万円)と推定している。

ブライトンを率いるクリス・ヒュートン監督は、経験豊富なオランダ代表MFの加入に満足感を示している。

「ダヴィはフィテッセとPSVで素晴らしい経験をしてきたプレーヤーだ。彼の血統に疑う余地がなく、チャンピオンズリーグやオランダ代表でも多くの試合に出場している。彼のようなプレーヤーを迎え入れることができ、本当に嬉しいよ」

2009年にフィテッセでプロキャリアをスタートしたプレパーは、2015年にPSVへ完全移籍で加入。185cmと恵まれた体躯を誇る同選手は、セントラルMFを主戦場に攻守両面で貢献できる、オランダでいう「6番」や「8番」タイプのプレーヤー。PSVでは在籍2シーズンで1試合を除くリーグ戦全試合に出場し、16ゴールを記録していた。