名古屋グランパスは8日、横浜F・マリノスのDF新井一耀(23)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。背番号は「2」をつける。なお、今シーズンの横浜FMとの公式戦には出場できない。

新井は、2016年に順天堂大学から横浜FMへと入団。1年目はリーグ戦で5試合に出場するなど、公式戦12試合に出場。今シーズンは明治安田生命J1リーグで3試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で1試合に出場していた。新井は両クラブを通じてコメントしている。

◆名古屋グランパス
「横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入することになりました。J1昇格に向けてチームに少しでも貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」

◆横浜F・マリノス
「名古屋グランパスに期限付き移籍することになりました。成長して帰って来られるように頑張ります。1年半ありがとうございました。そして、引き続き応援よろしくお願いします」