柏レイソルは8日、MF手塚康平の負傷を発表した。

手塚は5日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節のヴィッセル神戸に先発出場。試合中に負傷し、69分にMF小林祐介と交代していた。

クラブの発表によると、検査の結果、右ヒザ前十字じん帯損傷、右ヒザ外側半月板損傷と診断。全治約8カ月とのことだ。

手塚は今シーズンの明治安田生命J1リーグで16試合に出場し2得点。上位につける柏の原動力として活躍していた。