浦和レッズは8日、トップチームのコーチに関して、池田伸康ジュニアユースコーチがトップチームコーチに、山田栄一郎ジュニアコーチが、トップチームコーチ(分析担当)に就任することを発表した。

浦和は、7月30日に5年半にわたって指揮を執ったミハイロ・ペトロヴィッチ監督を成績不振により解任。トップチームでコーチを務めていた堀孝史氏が監督に就任していた。

池田氏は、現役時代に浦和の他、川崎フロンターレや水戸ホーリーホックでプレー。引退後は2004年に浦和のハートフルコーチに就任すると、ジュニアユースのコーチや監督、ユースのコーチなどを歴任。2017年からジュニアユースのコーチに就任していた。

山田氏は、専修大学や水戸ホーリホックユース、tクば大学などでGKコーチを歴任。2017年から浦和のジュニアコーチに就任していた。両氏はクラブを通じてコメントしている。

◆池田伸康氏
「トップコーチに就任しました池田伸康です。チームの力になれるように全力でがんばりますので、よろしくお願いします」

◆山田栄一郎氏
「トップチームコーチ(分析担当)に就任いたしました山田栄一郎です。チームの力になれるよう、全力をつくしますので、よろしくお願いいたします」