マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、昨季限りで同クラブとの契約が満了した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)との再契約の可能性に含みを持たせている。イギリス『エクスプレス』がイタリア『メディア・セット』を引用して伝えた。

昨夏にユナイテッド入りしたイブラヒモビッチは、公式戦46試合28ゴール10アシストの好成績を収め、健在ぶりをアピール。しかし、シーズン終盤に負傷したヒザじん帯の手術を受けて、来年まで長期離脱が見込まれていることもあり、契約満了でユナイテッドを退団した。

そんなイブラヒモビッチは現在、ユナイテッドに残り、来年1月での復帰を目指してリハビリに専念。一方で、イブラヒモビッチの古巣であるミランやLAギャラクシーが獲得に動いていると報じられるなど古巣復帰やMLS入りの可能性も浮上している。

そんな中、ユナイテッドの指揮官であるモウリーニョ監督は、イブラヒモビッチが同クラブとの再契約の可能性を残したままであることを主張している。

「おそらく彼(ズラタン・イブラヒモビッチ)は、我々のホームであるこの場所にとどまるだろう」

「現在契約はないが、彼はユナイテッドと近い位置にいる」