Jリーグは8日、7月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J1はセレッソ大阪のFW杉本健勇が選出された。杉本は初受賞となる。

杉本は7月に行われた明治安田生命J1リーグで全4試合に出場し4試合連続の5得点を記録。チームも3連勝を含む3勝1敗と結果を残し、リーグ首位に立っていた。Jリーグ公式サイトは、杉本のコメントを紹介している。

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
「今回7月の月間MVPに選んでいただきありがとうございます。僕自身初めての受賞なので素直にうれしいです。ゴールを獲れているも自分の力だけじゃないですし、チームメイトに感謝したいと思います。7月は非常に暑い中、苦しいゲームが何度も続いたのですが、チームが一つになり、サポーターの皆さんの声援の後押しがあって勝つことができました」

「これからまだまだ厳しい戦いが続くと思いますが、目の前の試合を1試合1試合戦って、勝って、今の順位を守れるように頑張りたいと思います」

また、Jリーグは杉本の選出について選考委員会による総評を紹介している。

「常に得点につながる的確なポジショニングをとり、多彩な得点パターンで7月は4試合連続、合計5得点の活躍で首位を走るチームを牽引した。チームのエースストライカーとして存在感を増しているだけでなく、前線からの守備、後方からのロングボールの基点、ドリブルによる中央突破と、守備、ゲームメイクにおいて活躍したことも高い評価を受け、文句なしの選出となった」