レアル・マドリーが、ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(23)の獲得を目論んでいるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

伝えられるところによると、マドリーは8000〜8500万ユーロ(約104〜111億円)の移籍金に加えて、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)の譲渡でディバラ獲得を目指しているという。ユベントス側もコバチッチには興味を示しているようで、マドリーは同選手を差し出すことがアルゼンチン代表FW獲得のチャンスになると考えているようだ。

マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はこの噂について、『プレミアム・スポーツ』に対し以下のようにコメントしている。

「コバチッチがディバラ獲得のカギになるかって? ディバラはユベントスの選手で、コバチッチはマドリーの選手だ。我々にできることは何もない。アイデアを出すこともない」