レアル・マドリーは8日、UEFAスーパーカップでマンチェスター・ユナイテッドを2-1で退け、2年連続4度目の優勝を果たした。

試合は、MFカゼミロ、MFイスコのゴールでレアル・マドリーが2点を先行。その後、FWロメル・ルカクにネットを揺らされるなどユナイテッドの反撃を受けたが、レアル・マドリーが逃げ切り、シーズン1冠目を手にした。

完成度の高さを示したレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は試合後、次のようにコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。

「我々には野心に溢れた選手がたくさんいる。彼らのようにタイトルに飢えた選手が多くいればいるほど多くの勝利を手にすることができるものだ」

「試合はほぼパーフェクト。ただ、後半は少し苦しんだね。とはいえ、それはいたって普通のことさ」

「ガレス・ベイルが3点目を奪えれば、試合を終わらすこともできたね。でも、我々にはキャラクターがあり、それが勝利の要因だ」