ボルドーは8日、ブルガリアのルドゴレツからブラジル人FWジョナタン・カフー(26) の加入が合意に至ったことを発表した。同選手はメディカルチェック受診後、正式契約にサインする予定だ。

アーセナルやバルセロナも関心を寄せていたとされるジョナタン・カフー。ブラジルのデスポルティボの下部組織出身で、2015年夏にルドゴレツに加入するまでは、エスポルテやサンパウロなどブラジルのクラブを渡り歩いた。

トップから両ウイングまでこなせる万能型のストライカーは、175センチという若干小柄な体格を生かした機動性を武器に、昨季は公式戦45試合に出場し14ゴール11アシスト。リーグ戦でも23試合の出場で10ゴール4アシストと、チームのリーグ6連覇に大きく貢献した。