フローニンヘンは8日、マンチェスター・シティからU-20メキシコ代表FWユリエル・アントゥナ(19)を2年間のレンタル移籍で獲得することを発表した。同選手はメディカルチェック受診後、正式契約にサインする予定だ。

メキシコのサントス出身のアントゥナは、右ウイングを主戦場に174センチという小柄な体格を生かした機動力抜群のドリブルを武器とするプレーヤー。そんなメキシコの逸材は今夏マンチェスター・シティに引き抜かれ、この度フローニンヘンで経験を積むことになった。

テクニカル・マネージャーのペーテル・イェルトゥマ氏は、アントゥナの加入を以下のように語っている。

「ユリエル・アントゥナは我々にスピードをもたらし、攻撃に厚みを持たせる。それは我々が欲していたものだった。嬉しいよ」