長らくスウォンジーのアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)の獲得に動いていたエバートンが、4500万ポンド(約64億3000万円)の移籍金で決着をつけにいくようだ。イギリス『テレグラフ』がエバートンに詳しい情報筋をもとに伝えている。

今夏、イングランド代表MFロス・バークリーの退団が決定的となっているエバートンは、その後釜として昨シーズンの公式戦40試合に出場して10ゴール13アシストを記録するなど、プレミアリーグ屈指の攻撃的MFとして知られるシグルドソンの獲得に動いているとみられる。

しかし、同選手の放出条件を5000万ポンド(約72億2000万)に設定しているスウォンジーは、エバートンの4000万ポンド(約57億7000万円)に及ぶ最初のオファーを拒否した模様。獲得交渉が難航している。

エバートンのロナルド・クーマン監督は「(シグルドソンに関して)我々は獲得に迫っているが、待つ必要がある」として獲得に自信。また、シグルドソンがエバートン移籍を望んでいることや、クラブのアメリカツアーに参加しなかったことからスウォンジー入りは間もなくかもしれない。