ハンブルガーSVは9日、日本代表DF酒井高徳が2017-18シーズンもチームキャプテンを続投すると発表した。

酒井は、昨シーズン途中にDFヨハン・ジュルー(現・アンタルヤシュポル)からキャプテンの座を継承。ブンデスリーガ33試合1得点2アシストを記録したプレー面だけでなく、リーダーシップも発揮し、チームの1部残留に貢献した。

なお、副キャプテンには、DFメルギム・マブライ、DFキリアコス・パパドプーロスの2選手が就任。19日に開幕する第1節で、日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクとホームで対戦する。