ユベントスは9日、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが新シーズンより背番号「10」を着用すると発表した。

ディバラは、2015年夏にパレルモから加入以来、背番号「21」を背負ってプレー。ユベントス加入初年度から定位置を掴み取り、在籍2シーズンで公式戦通算94試合42得点18アシストを記録している。

背番号「10」は、かつてFWミシェル・プラティニ、FWロベルト・バッジョ、FWアレッサンドロ・デルピエロらが着用。現在はマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバ以来、空番となっている。

そのディバラを巡っては今夏、FWネイマールの代役確保に動くバルセロナ移籍の可能性が浮上。しかし、ディバラの背番号「10」着用が発表されたとなれば、今夏の移籍はひとまず立ち消えとなりそうだ。