『ESPN』は、マンチェスター・ユナイテッドが4年前にレアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ(25)の獲得を検討していたが、“とある理由”で見送ったと報じた。

今やスペインでも有数のスターとなったイスコは、2012-2013シーズンにマラガの中心選手として活躍し、チームをチャンピオンズリーグでベスト16に導いたことで注目を集めた。そのシーズンは公式戦49試合12得点7アシストを記録して、翌2013-2014シーズンの開幕前にレアル・マドリーに移籍。以来、昨シーズンまででクラブの公式戦通算191試合33得点45アシストと、今や欠かせない存在となっている。

『ESPN』によると、イスコの獲得に興味を示していたユナイテッドは、元アレックス・ファーガソン監督政権時代に数回、スカウトを派遣していたとのこと。しかし、派遣されたスカウトは「彼は良い選手だ。しかし、あまり素早くないし、彼の体からすると頭が大きすぎる」という内容のレポートを提出。獲得を見送ることとなった。