リバプールのユルゲン・クロップ監督が、バルセロナが獲得を目指すブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョについて改めて言及した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が報じた。

ブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンへと放出したバルセロナは、かねてから興味を抱いていたコウチーニョの獲得に本腰を入れている。しかし、リバプールは2度のオファーを拒否。移籍金7680万ポンド(約109億9000万円)+ボーナス1360万ポンド(約19億4000万円)の条件でも、コウチーニョを手放す気がない姿勢を示した。

11日に新シーズンの開幕を迎えるプレミアリーグだが、リバプールにとってコウチーニョは必要不可欠な選手。クロップ監督が改めてコウチーニョを手放す意思がないことを語り、断固拒否する姿勢を崩さなかった。

「財務的な観点でみれば、彼を渡すための値段の上限、また我々が彼を渡すための準備をすべき値段はない」

「我々の目標は最善のチームを作ることだ。我々は選手たちを維持したいし、何人かをチームに加えたいと思っている。それが我々の計画だ」

「今日、アンタチャブルな選手は地球上に存在しない。しかし、移籍というものはタイミングの問題であり、もしその機会があった場合に、応える必要がある場合かどうかだ」

「リバプールは選手を売却しなければならないクラブではない。それは不変だよ。最終的に、支払うかどうかが重要ではないんだ」