ドルトムントは10日、トレーニングを無断欠席したフランス代表FWウスマーヌ・デンベレに対して、今週末までの活動停止処分を科すと発表した。

バルセロナ移籍報道の渦中にあるO・デンベレは、10日に行われたトレーニングを無断欠席。ピーター・ボス監督は、O・デンベレがそのような行動に出た理由がわからないとし、連絡も取れない音信不通の状況に陥っていることを明かしている。

スポーツディレクター(SD)を務めるヒャエル・ツォルク氏は、「ウスマーヌ・デンベレは正当な理由なしにトレーニングを欠席した。クラブは、この行動に処分を科す。協議の結果、今週末まで練習参加や試合出場を禁ずる」と明かした。

ドルトムントは、12日に行われるDFBポカール1回戦でリーラジンゲン(6部)とアウェイで対戦する。