エスパニョールは10日、ロシアのクラスノダールからブラジル人DFナウド(28)を3年契約で獲得したことを発表した。契約には、規定の条件を満たせば発動する1年の延長オプションが含まれているという。

ブラジルのクルゼイロやグレミオなどを渡り歩いたナウドは、2013年1月にグラナダに移籍。以降は欧州でプレーを続け、ウディネーゼやヘタフェ、スポルティングなどを経て、昨年夏にクラスノダールに加入した。リーグ前半戦は出場機会を得ていたものの、後半になるにつれベンチを温めることが多くなっていた。

ナウドは、身長188cmの恵まれた体格と瞬発力を生かして、在籍した数多くのクラブでセンターバックとして活躍。2015年夏に加入したスポルティングでは、スーパー・カップで優勝するなどの貢献をした。