イギリス『デイリー・メール』は、アーセナルがチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)に対して、新たに契約延長オファーを打診したと報じた。

アーセナルとの延長交渉が難航するサンチェスの現行契約は残り1年。依然として新契約にサインしていないことから、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の噂が取り沙汰されてきた。アーセン・ヴェンゲル監督はサンチェスの放出を否定しているが、このままいけば来夏にフリー移籍が可能となり、アーセナルに1円も入ってこない状況だ。

しかし、そのアーセナルは、週給30万ポンド(約4200万円)以上を要求するサンチェスに歩み寄ることを決断した様子。伝えられるところによれば、3度目のオファーにして、選手が求める週給30万ポンドの新契約を打診したという。この数字は、現在プレミアリーグでプレーする選手のなかで最も高い額とみられている。チリ人ストライカーの決断はいかに…。