ブンデスリーガ2部に所属するインゴルシュタットは11日、浦和レッズからMF関根貴大(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年。背番号は「22」に決定している。

浦和は6日、関根のインゴルシュタット移籍合意を発表。関根は、9日に行われた自身のラストゲームである明治安田生名J1リーグ第21節のヴァンフォーレ甲府戦(1-0で浦和が勝利)でプレー後、翌日10日に離日していた。

自身の憧れであった海外挑戦の一歩を踏み出した関根は、インゴルシュタット公式サイトで次のようにコメントしている。

「僕自身が成長できる野心に満ちたドイツのクラブに行くことが目標として常にあった。モチベーションは高い。早くドイツ語を習得して、一緒に成功を収めてきたい」