デポルティボは10日、ポルトから元スペイン代表FWアドリアン・ロペス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

レアル・オビエド出身のアドリアン・ロペス。2011年夏にアトレティコ・マドリーに完全移籍すると、それまで鳴かず飛ばずのキャリアから一転、在籍した3年間で公式戦142試合に出場し26ゴール20アシストを記録した。その間にスペイン代表にも選出されるなど、キャリアのピークを迎えた。

この度、2006年から5年間在籍した古巣デポルティボに戻ってきたアドリアン・ロペスはその喜びを語っている。

「とてもとても幸せだ。大きな熱意と願望をもってここにいる。(デポルティボからの関心は)非常に興味深くて、僕にとってとても重要なものだった。僕はゴールを決めたい。できるだけたくさんのゴールをね」