リバプールは11日、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)売却の可能性を否定した。しかし、選手自身は移籍を志願しているのかもしれない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

コウチーニョを巡っては、今夏のバルセロナ移籍報道が加熱。パリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールの後釜筆頭として、バルセロナがコウチーニョ獲得に力を注いでいるとみられてきた。

そうしたなか、リバプールは「フィリペに対するオファーを塾考することはない。それがクラブの最終的なスタンスだ。今夏の移籍市場が閉幕時、彼はリバプールの一員として留まっているだろう」との声明を発表した。

しかし、『スカイ・スポーツ』はリバプールの声明発表後、スクープとしてコウチーニョのトランスファーリクエストを報道。リバプールの売却否定表明の傍らで、選手自身は移籍を希望しているという。コウチーニョの去就問題は終わっていなさそうだ。