ベシクタシュは11日、インテルのチリ代表MFガリー・メデル(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば移籍金は300万ユーロ(約3億8000万円)で、契約年数は3年。年俸は230万ユーロ(約2億9000万円)とのことだ。

先月にはメキシコのティグレス加入が確実との報道があったメデルだが、ベシクタシュが獲得に漕ぎつける格好となった。ベシクタシュは今夏、メデルの他にポルトガル代表DFペペや元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド、オランダ代表FWイェレマイン・レンスらを獲得している。

2014年夏にカーディフからインテルに加入したメデルは、本職の中盤以外にもセンターバックで起用され、主力として活躍。在籍3シーズンで公式戦109試合に出場し、1ゴールを記録していた。