2018年からメジャーリーグサッカー(MLS)に新規参入するロサンゼルスFCは11日、メキシコ代表FWカルロス・ベラ(29)を獲得したことを発表した。契約期間などは明かされていない。

アーセナルで欧州でのキャリアをスタートさせた右ウイングを主戦場にプレーするベラは、2011年夏にソシエダへレンタル移籍。主力として活躍すると、翌年に完全移籍を果たし、これまで公式戦230試合に出場して72ゴールと、ソシエダの中心選手としてプレーしていた。

ロサンゼルスFCはNBAのスター選手であったマジック・ジョンソン氏やアメリカ女子サッカー代表選手ミア・ハム氏らが共同オーナーを務めている。