リバプールにトランスファーリクエストを出したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは、チームを率いるユルゲン・クロップ監督に不満を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

バルセロナからのオファーが届いているとみられるコウチーニョに関しては11日、リバプールが公式声明にて放出を否定。しかし、その後にイギリスメディアはコウチーニョがリバプールに対してトランスファーリクエストを提出したことを報じている。

『スカイ・スポーツ』がコウチーニョの家族から得た情報によれば、同選手はクロップ監督による自身の去就の扱いについて不当に感じているようだ。コウチーニョは、クラブとそのファンをリスペクトしながらも、バルセロナからのオファーを断ることはできないと考えているもようだ。

なお、リバプールがバルセロナから受け取ったオファーは1億ユーロ(約129億円)だとみられている。