アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、プレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦でゴールを記録したフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットについて語った。アーセナル公式サイトが伝えている。

ラカゼットは、今夏に推定移籍金4650万ポンド(約66億円)のクラブレコードでアーセナル入り。プレッシャーがかかる中、レスター戦で先発起用されると、開始早々の2分にヘディングでゴールを記録。さらに、最終的に3ゴールに絡む好パフォーマンスで、4-3の勝利に貢献した。

試合後、ヴェンゲル監督はラカゼットを以下のように称賛した。

「加入後から見ても、どんどん強さが増してきている。ジルーと併用した時も左でプレーして、いいパフォーマンスを見せた。徐々に我々のスタイルには適応していくはずだ。彼はチームを考えてプレーできる選手だし、知性を備えたプレーヤーだ」