ウルグアイサッカー協会(AUF)は11日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のアルゼンチン代表戦と、9月5日に行われるパラグアイ代表戦に向けた外国クラブ所属メンバー23名を発表した。

公式戦5試合勝利の無いウルグアイは、FWルイス・スアレス(バルセロナ)やDFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)らが復帰。その他では、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)ら主力が順当に選出されている。

南米予選で現在3位につけるウルグアイだが、プレーオフに回らなければならない5位のアルゼンチンとは1ポイント差のため、31日に行われる直接対決が正念場となる。

◆ウルグアイ代表外国クラブ所属メンバー23名
GK
フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ)
マルティン・シルバ(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)
マルティン・カンパーニャ(インディペンディエンテ/アルゼンチン)

DF
ガストン・シルバ(インディペンディエンテ/アルゼンチン)
セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル)
マキシミリアーノ・ペレイラ(ポルト/ポルトガル)
マルティン・カセレス(ヴェローナ/イタリア)
マウリシオ・レモス(ラス・パルマス/スペイン)
ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン)

MF
ナヒタン・ナンデス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
アレバロ・リオス(ラシン・クラブ/アルゼンチン)
ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース/アメリカ)
ホナタン・ウレタビスカヤ(パチューカ/メキシコ)
カルロス・サンチェス(モンテレイ/メキシコ)
ディエゴ・ラクサール(ジェノア/イタリア)
マティアス・ベシーノ(フィオレンティーナ/イタリア)
フェデリコ・バルベルデ(デポルティボ/スペイン)

FW
ルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン)
エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ディエゴ・ロラン(ボルドー/フランス)
クリスチャン・ストゥアーニ(ミドルズブラ/イングランド)
アベル・エルナンデス(ハル・シティ/イングランド)