リールは11日、元フランス代表MFマルヴァン・マルタン(29)の契約解除を発表した。双方合意の下での契約解除となる。

育成に定評のあるソショーの下部組織出身のマルタンは、2008年にトップチームデビューを果たすと、2012年にチェルシーへ移籍したベルギー代表MFエデン・アザールの後釜としてリールへ加入。昨季は昇格組のディジョンへレンタル移籍で加入していた。

9シーズンを過ごしたリーグ・アンでマルタンは、リーグ戦215試合に出場し8ゴール48アシストを記録。また、2011年に初選出されたフランス代表では15キャップを記録している。