ナントは12日、ブラジル1部のシャペコエンセからブラジル人MFアンドレイ・ジロット(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。

2013年からトンベンセに所属するアンドレイは、2016シーズンにパルメイラスから期限付き移籍でJ2の京都サンガF.C.に加入。ボランチの一角として明治安田生命J2リーグで37試合に出場し5得点を記録したが、期限付き移籍期間の満了に伴い退団が発表され、シャペコエンセへ期限付き移籍で加入した。

なお、アンドレイのヨーロッパ初挑戦の場となるナントは、前レスター・シティ指揮官のクラウディオ・ラニエリ監督が新監督として率いている。