ヘントは6日、ジュピラー・プロ・リーグ第3節でメヘレンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。FW久保裕也は79分までプレーしている。

リーグ戦連敗スタート、ヨーロッパリーグ予選敗退と開幕から躓いている公式戦3連敗中のヘントは、久保が前節に続き[3-4-3]の左ウイングで先発となった。

2分けスタートのメヘレンに対し、立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、ヘントは29分に久保にチャンス。ロングフィードに抜け出してネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれた。

続く30分にカルーが鋭い枠内シュートを浴びせたヘントは、33分に先制ゴールを奪いきる。久保の頭でのパスを受けたボックス左のクリバリの左クロスをカルーが合わせた。

さらに40分には久保に決定機。右サイドからのアーリークロスを受けたボックス左の久保は胸トラップから左足でシュート。しかし、わずかに枠の上を越えていった。そして43分には右クロスにアンドリアジェビッチがヘディングで合わせたシュートが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれ、1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半も互角の攻防で立ち上がった中、62分に久保に決定機。しかし、右クロスをフリーの状態で久保が頭で合わせたシュートは枠の左に外してしまった。逃げ切りを図りたいヘントは79分に久保を下げ、守備に重きを置いていく。

しかし87分、意表を突いたFKからボックス中央のマティーズにミドルシュートを決められ、同点とされてしまう。終盤にかけて勝ち越しを目指したヘントだったが決定機を生み出すには至らず1-1で終了。開幕からリーグ戦3試合勝利なしと厳しいスタートとなっている。