14年ぶりにエバートン復帰を果たしたイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、プレミアリーグ開幕戦で決勝ゴールをマークした。

今夏にマンチェスター・ユナイテッドから古巣エバートンに戻り、再起を期するルーニー。前半終了間際、FWドミニク・カルバート=ルーウィンのクロスからヘディングで相手GKの逆を突き、見事にゴールネットを揺らした。

結局、このゴールが試合の決勝点に。チームの勝利に貢献したルーニーにとっても、感慨深いエバートン復帰戦になったことは間違いない。イギリス『BBC』は、試合後コメントを次のように伝えている。

「個人的にも、グディソン・パークで決勝ゴールを決めることができたのはこれ以上ないぐらい光栄なこと。最高の瞬間だったよ」