スペイン『Don Balon』は、アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)がバルセロナ移籍を希望と報じた。

かねてより契約延長に向けた交渉の難航が伝えられてきたエジル。11日に行われたレスター・シティとのプレミアリーグ開幕節(4-3でアーセナルが勝利)にフル出場したが、依然として新契約にサインしていない。

そのエジルとアーセナルの現行契約は今シーズンまで。『Don Balon』によれば、元レアル・マドリーのドイツ人プレーメーカーは、代理人に対して、バルセロナ移籍を求めているという。

一方で、バルセロナは現在、リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ獲得に向かう中で、エジルも選択肢に含んでいる模様。今後もエジルの去就問題から目が離させなさそうだ。