13日に札幌ドームで行われた明治安田生命J1リーグ第22節の北海道コンサドーレvsヴァンフォーレ甲府は、1-1で引き分けた。

15位の札幌と14位に位置する甲府という勝ち点19で並ぶ両者の直接対決。2連敗中の札幌は、エース都倉の出場停止に伴い、ジェイを加入後初めて先発起用した。一方、2試合ぶりの勝利を狙う甲府は、前節から5人メンバーを変更した。

先にスタジアムを沸かせたのは札幌。8分、右サイドに流れたチャナティップがクロスを送ると、これにゴール前のジェイが反応する。GKの飛び出しに動じることなく頭で合わせるが、惜しくもゴールマウス右に外れてしまう。

しかし、ジェイがその直後のチャンスで高い決定力を見せつける。10分、荒野の浮き球パスに反応したジェイが甲府の最終ラインを突破。ボックス右深くの位置から鋭い寄せを見せた相手GKの股下を射抜くシュートを沈めた。

ジェイのシーズン2点目で先制した札幌は、丁寧な繋ぎを見せる甲府の前にやや守勢に。26分には兵働昭弘の浮き球パスに相手の背後で反応したウイルソンが左足ダイレクトで合わせる。だが、ミートしきれない。

後半も甲府ペースになるが、札幌も粘りを披露。動きの少ない展開となる。その中で、甲府は72分に右サイドを突破したウイルソンがクロス。これをボックス左で拾った途中出場の阿部が左足シュートを決め、甲府が追いつく。

残留争いの大一番とも言えるこの試合を制すべく、終盤を迎えて激しい展開に持ち込んだ両雄だったが、1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果に終わっている。