日本サッカー協会(JFA)は13日、「スルガ銀行チャンピオンシップ2017SAITAMA」で浦和レッズと対戦するシャペコエンセ(ブラジル)の来日メンバーを発表した。

今回のメンバーには、かつて東京ヴェルディに所属していたDFアポジや、ル・マン時代に元日本代表MF松井大輔とプレーした経験を持つFWトゥーリオ・デ・メロらも含まれている。なお、昨年11月にコパ・スダメリカーナ決勝前に発生した悲劇の飛行機墜落事故の生存者でバルセロナとのジョアン・ガンペール杯で復帰を果たしたDFアラン・ルシェウは、来日メンバーから外れた。

今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆シャペコエンセ来日メンバー
GK
1.アルトゥール・モライス(ブラジル)
93.ジャンドレイ(ブラジル)
12.エリアス(ブラジル)

DF
22.アポジ(ブラジル)
6.レイナウド(ブラジル)
3.グローリ(ブラジル)
26.ディエゴ・レナン(ブラジル)
21.ルイス・オタビオ(ブラジル)
14.ファブリシオ・ブルーノ(ブラジル)

MF
40.セイハス(ベネズエラ)
23.ゲレーロ(エクアドル)
5.モイゼス・リベイロ(ブラジル)
11.ルイス・アントニオ(ブラジル)
33.ルーカス・マルケス(ブラジル)
25.ルーカス・ミネイロ(ブラジル)

FW
30.ネネン(ブラジル)
9.ウェリントン・パウリスタ(ブラジル)
10.トゥーリオ・デ・メロ(ブラジル)
7.ペニージャ(エクアドル)
17. アルトゥール・カイケ(ブラジル)