13日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第22節のガンバ大阪vsジュビロ磐田は、アウェイの磐田が2-0で勝利した。

6位のG大阪は、前節のサンフレッチェ広島戦をドロー。2戦未勝利と足踏みが続く。今節は、イベントの一環として「太陽の塔」とのコラボシャツを着用。先発には、出場停止のオ・ジェソク、発熱の井手口に代わり、初瀬、Jリーグデビューの市丸が抜擢された。

対する7位の磐田も前節のベガルタ仙台戦をドロー。G大阪と同様に直近2試合で勝利から遠ざかっている。3試合ぶりの勝利で上位追走を図りたい今節は、出場停止明けのムサエフと川辺が復帰。そのほかの面々は、変えることなくG大阪との一戦に挑んだ。

勝ち点1差でひしめく両者の一戦は、立ち上がりからホームのG大阪が攻勢。11分に市丸、13分に倉田がゴールに迫るが、シュートを枠に飛ばせない。立ち上がりから苦しい戦いを強いられた磐田だが、中村が得意のFKから悪い流れを払拭する。19分、敵陣左サイドの位置で得たFKから中村がクロスを供給。ニアサイドで競り勝った大井の頭で合わせ、磐田がリードした。

嫌な形で失点したG大阪は、その後もボールを動かすが、バイタルエリアでノッキングを起こし続ける攻撃に停滞感が漂い続ける。1点ビハインドで迎えた後半の入りからテンポアップ。ファン・ウィジョとアデミウソンにボールを多く供給するが、呼吸が合わない。63分にはボックス右からファン・ウィジョが右足を一閃。しかし、強烈なシュートは左ポストに嫌われる。

すると、堅守が光る磐田は73分、またしても中村の左足が炸裂する。敵陣右サイドの位置で得たFKから中村がクロスを送る。ボックス内でクロスに反応したアダイウトンが頭で押し込み、磐田が突き放した。その後、長沢、泉澤、高木を投入したG大阪だったが、最後まで決定力を欠き、磐田を相手にシーズンダブルを献上。名手中村の活躍が光った磐田は3試合ぶりの白星を手にした。