プレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsトッテナムが13日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-0で勝利した。

昨シーズン、攻守に完成度の高さを披露しながらも2位でシーズンを終えたトッテナムは、悲願のタイトル奪取を目指す今季の開幕戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝で1年でのプレミア復帰を決めたニューカッスルとのアウェイゲームに臨んだ。

ポチェッティーノ監督は一昨シーズンの最終節で大敗し、アーセナルに抜かれて3位に甘んじるキッカケとなった因縁の相手との一戦に向けて現状のベストメンバーを起用。ウォーカーの移籍とトリッピアーの負傷で懸念の右サイドにはこれがトップチームデビューとなるウォーカー=ピータースを抜擢。GKにはロリス、4バックにはウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス。中盤はダイアーとデンベレがセントラルMFに入り、2列目はムサ・シッソコ、エリクセン、デレ・アリ。1トップにエースのケインが入った。

一方、ベニテス体制3年目でまずはプレミア残留を決めたいニューカッスルは、ゲイルやシェルヴェイ、リッチーら昨季の主力に加え、今夏加入のマンキージョやルジューヌら新戦力がスタメン入りを果たした。

ホームでの開幕戦で盛り上がるホームサポーターの後押しを受けたニューカッスルが、開始直後にゲイルのシュートでチャンスを作るなど、積極的な入りを見せるが、5分過ぎにハムストリングを痛めたDFダメットがプレー続行不可能となり、DFラッセルズの緊急投入を余儀なくされた。

その後はボールを保持するトッテナムと堅守速攻で応戦するニューカッスルという構図の下、拮抗した攻防が繰り広げられていく。その中でトッテナムはボックス付近でエリクセン、デンベレ、デレ・アリとフィニッシュの場面を作り出すが、相手守備を崩し切るまでには至らず。

その後、ケインとの接触で負傷したDFルジューヌがプレー続行不可能となり、30分過ぎにニューカッスルが2枚目の交代カードでDFムベンバの投入を余儀なくされるなど、厳しい状況を強いられる。だが、前半終盤のエリクセンのシュートをGKエリオットが冷静に凌ぎ前半はゴールレスで終了した。

迎えた後半、開始早々にアクシデントが発生。立ち上がりからニューカッスルのプレーヤーとバチバチやり合っていたデレ・アリに対して、シェルヴェイがプレーの止まっていた状況で足首を故意に踏みつける愚行を犯しレッドカードが掲示され、ホームチームは残り45分近くを1人少ない状況で戦うことになった。

数的優位を手にしたトッテナムは、51分にエリクセンの縦パスが相手DFに当たってゴール前のケインにこぼれるが、このボレーシュートはGKエリオットのビッグセーブに遭う。攻撃のギアを上げたいポチェッティーノ監督は58分、古巣対戦のムサ・シッソコを下げて右腕の骨折でプレシーズンをリハビリに費やしたソン・フンミンをぶっつけ本番で投入した。

すると61分、トッテナムに待望の先制点が生まれる。ボックス手前右でボールを受けたエリクセンがゴール左に走り込むデレ・アリに絶妙な浮き球のパスを送ると、これをデレ・アリが左足のスライディングボレーで流し込んだ。

数的優位に加えて、リードを手にしたトッテナムは、ここから攻勢を強めていく。70分にはデンベレの縦パスをスイッチにケイン、デレ・アリ、エリクセンとボックス付近の密集でダイレクトプレーをみせ、最後はエリクセンのコントロールが大きくなったところを、ゴール前に詰めたデイビスが右足で蹴り込んで貴重な追加点を奪った。

その後、殊勲のデレ・アリを下げてワニャマをピッチに送り込み試合をクローズにかかるトッテナムは、試合終了間際にソン・フンミンとケインの連携から3点目に迫るが、ケインのシュートが左ポストを叩くなど、エースに開幕戦でゴールは生まれず。それでも、ニューカッスルとの因縁対決を制したトッテナムが快勝スタートを飾り、次節のチェルシー戦に向けて弾みを付けた。