プレミアリーグ開幕節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが13日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが4-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.0
相手の枠内シュートを冷静に阻止。マイボール時の貢献も光った

DF
25 バレンシア 6.5
対面のアルナウトビッチを押し込み、サイドを制圧

3 バイリー 6.0
食い付き過ぎてカードをもらったのは余計だが、タイトなチェックでエルナンデスを封殺

4 フィル・ジョーンズ 6.5
対人対応、スペースケアなどいずれも隙なし

17 ブリント 6.5
安定した守備に加え、k~ぎも正確だった

MF
8 マタ 6.5
決定的な仕事こそなかったが、質の高いフリーランと視野の広いプレーで攻撃に変化を付けた

(→フェライーニ 5.5)
インテンシティの高いプレーで試合をクローズ

31 マティッチ 7.0
先制点の起点になるなど、持ち味のボールハントで絶大な存在感

22 ムヒタリャン 7.0
絶妙クロスとラストパスで2アシスト。質の高いラストパスで多くの決定機を創出

(→リンガード -)

6 ポグバ 7.5
マティッチと共に攻守両面で躍動。中盤を完全に制圧し、最後にとどめのゴールも記録

19 ラッシュフォード 6.5
先制点をアシスト。要所で見せる雑さを補って余る推進力を見せた

(→マルシャル 6.5)
短い出場時間で1ゴール1アシスト

FW
9 ルカク 7.5
さすがの決定力で2ゴール。ハットトリックこそ逃したが、オールド・トラフォードでの最高のリーグデビューになった

監督
モウリーニョ 7.0
UEFAスパーカップからのターンオーバーも機能し、圧巻の快勝スタート

ウェストハム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 ハート 5.0
宿敵相手のハマーズデビューで善戦も4失点で敗戦

DF
5 サバレタ 5.5
らしいシュートブロックで決定機阻止も、ラッシュフォードやマルシャルのスピードに手を焼いた

2 リード 4.5
ルカクらを相手に良く戦ったが、やや背後のケアが甘かった

21 オグボンナ 4.5
良いゴールカバーもあったが、全体的に後手の対応が目立った

26 マスアク 5.0
2失点目ではルカクに振り切られる。得意の攻撃参加も皆無

(→クレスウェル -)

MF
20 A・アイェウ 5.0
献身的に守備を助けたが、攻撃ではノーインパクト

16 ノーブル 5.0
中盤での勝負で完敗。珍しく早い時間帯の交代に

(→リース 5.5)
劣勢の中で躍動感を見せた

14 オビアン 4.5
痛恨のボールロストで1失点目に関与。中盤の争いでも完敗

31 E・フェルナンデス 5.0
前半終了間際に惜しいシュートもあったが、全体的に物足りない出来

(→D・サコー 5.0)
投入直後にチャンスに絡んだが、徐々にトーンダウン

27 アルナウトビッチ 5.0
後半に幾つか見せ場も、精彩を欠く場面が多かった

FW
17 エルナンデス 5.0
個人の問題だけではないが、相手センターバックに完敗。慣れ親しんだスタジアムで悔しいハマーズデビューに

監督
ビリッチ 4.5
ランシーニやアントニオの不在の影響もあったが、完膚なきまでに叩きのめされた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
ルカクとマティッチの新加入組の活躍も見事だったが、全体的な仕事量の多さを評価してポグバをMOMに選出。前述の2選手加入の恩恵を最も享受し、圧巻のパフォーマンスを披露した。

マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェストハム
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(前33)
ルカク(後8)
マルシャル(後42)
ポグバ(後45)