レスター・シティに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)が移籍のために代表から一時離脱した。フランス『レキップ』によれば移籍先は現時点で確定しておらず、バルセロナ、チェルシー、トッテナムが争奪戦を繰り広げている。

今夏の移籍が噂されてきたマフレズはアルジェリア代表に合流していたものの、「新たなクラブへの移籍を完了させるため」代表からの離脱を許可された。『レキップ』によれば、バルセロナとチェルシー、トッテナムの3クラブがレスターと交渉中とのことだ。

2014年1月にル・アーブルからレスター入りしたマフレズは、2015-16シーズンにレスターのプレミアリーグ初制覇という偉業に大きく貢献。同シーズンのPFA年間最優秀選手賞を受賞した。