パチューカは日本時間13日、コパMX(リーグカップ)でシマロネス・デ・ソノラと対戦し、2-1で勝利を収めた。日本代表MF本田圭佑は先発フル出場を果たし、1アシストを記録している。

日本時間10日に行われたリーガMXではグアダラハラに1-3で敗れていたパチューカ。15分、グアハルドにPKを決められ、この試合も相手に先手を許す展開となる。

それでも16分、ハーフウェイライン付近で相手ボールを拾った本田がスルーパス。パスを受けたプチがドリブルで持ち上がりカウンターを仕掛けると、最後はカノが決めて、パチューカが同点に追いつく。

1-1で迎えた69分にはパチューカがCKを獲得すると、キッカーの本田がクロス。これをボックス中央でオマール・ゴンザレスがヘッド。これが決まり、パチューカが逆転に成功。そのまま逃げ切り、2-1で勝利を収めた。

パチューカ 2-1 シマロネス
【パチューカ】
カノ(前16)
オマール・ゴンザレス(後24)
【シマロネス】
グアハルド(前15)