チェルシーは17日、スタンフォード・ブリッジで行われるプレミアリーグ第5節でアーセナルとのビッグロンドン・ダービーに臨む。フランス代表MFティエムエ・バカヨコは、先日のトッテナム戦に続くダービーマッチ勝利に向けて意気込みを見せた。クラブ公式が伝えている。

バカヨコは、シーズン直前のFAコミュニティー・シールドで敗れたアーセナルとの再戦に向けて以下のようなコメントを残している。

「クラブ間のライバル意識はアーセナルよりもトッテナムの方が強いと思う。トッテナム戦では勝利を収めてファンを笑顔にできた。チームにとっては大きなことだったね」

「今はアーセナルとの対戦を心待ちにしていているよ。トッテナムほどのライバル関係はないけど、これも負けられない重要な試合だ。だからこそ、チームは正しい結果を残せるよう、ピッチで努力しなければいけない」

また、今夏モナコから加入したばかりのバカヨコだが、ダービーの重要性を十分に理解しているようだ。

「ダービーマッチはファンにとって大きな意味を持つ。チームの関係者も目の色が変わるし、これがまさにロンドンに住むということなんだ」

「だけどプレーヤーは試合に集中するだけだ。ここまでは良い形でスタートを切れたし、今回はホームでの試合だ。負けるわけにはいかないし、ピッチの上のことだけを考えているよ」