バルセロナは17日、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレが、左大腿の大腿二頭筋の腱断裂で手術を受けることになったと発表した。全治は3カ月半から4カ月を要する見込みだ。

今夏の移籍市場でドルトムントからバルセロナに移籍金1億500万ユーロ(約136億円)で加入したデンベレ。16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦でリーグ戦初先発を飾った。

しかし24分、左足太ももに違和感を覚えたデンベレはプレーを止め、FWジェラール・デウロフェウとの交代でピッチを去った。

当初、スペイン『マルカ』などの現地メディアは3週間程度の離脱と報じていたが、17日に行われた精密検査の結果、左大腿の大腿二頭筋の腱断裂と診断され、手術を必要とすることが判明。デンベレは今週中にフィンランドでサカリ・オラヴァ医師の執刀の下、修復手術を受ける予定だ。

現在、公式戦4連勝とエルネスト・バルベルデ新監督の下で順調なスタートを切ったバルセロナだが、パリ・サンジェルマンに旅立ったブラジル代表FWネイマールの後釜として獲得した若き逸材の長期離脱という痛恨の痛手を負うことになった。