チェルシーに所属するフランス代表MFティエムエ・バカヨコが21日、自動車事故に遭っていたことが判明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、バカヨコは21日に行われたトレーニング後、練習場のあるコブハムから自身の運転する乗用車で帰路に着く際、乗用車同士が接触する事故に遭ったという。ただ、軽い接触であったため、バカヨコと相手側双方にケガはなかったとのことだ。

そのため、今週末に行われるプレミアリーグ第6節、ストーク・シティ戦の出場にも問題はないようだ。

今夏、モナコからチェルシーに加入したバカヨコは、今季ここまでの公式戦6試合に出場し1ゴールを挙げている。