チェルシーからアトレティコ・マドリーに復帰するスペイン代表FWジエゴ・コスタが、現在の心境を語った。クラブ公式サイトが伝えた。

完全移籍で合意したジエゴ・コスタは、メディカルチェック受診のためマドリッドに帰還。検査をパスすれば、正式にアトレティコ復帰が決定する。

古巣への復帰が実現したジエゴ・コスタは、クラブに対して感謝のコメントを残すとともに、全力でチームに貢献すると語った。

「アトレティコは僕の家であり、僕はここに居る。ミゲル・アンヘル・ヒル(アトレティコのCEO)はとても努力してくれた。そして、僕は彼にとても感謝しており、クラブには全てを捧げたい」

「僕は常に厭わないでやるし、どんなことでも常にチームに貢献するつもりだ。僕の全てを与えるだろう。いつだってやるし、希望を持ってくれることが僕にとっては良いことだよ」

また、チェルシーではトレーニングも行なっておらず、フィットネスが心配されるジエゴ・コスタだが、冗談を交えながらも意気込みを語った。

「僕はオッケーだ。プロフェ・オルテガ(アトレティコのフィジカルコーチ)が僕をシャープにしてくれるはずだよ。体重計を恐れているわけではなく、彼のトレーニングを恐れているよ」