13日に墨田区総合体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018第21節のフウガドールすみだvsデウソン神戸が行われ、4-1ですみだが勝利した。

前節の名古屋オーシャンズ戦を7-3で勝利して連勝を飾ったすみだと、前節のアグレミーナ浜松戦を1-1で引き分けて最下位を脱出した神戸が対戦した。試合は5分、FP清水和也のゴールですみだが先制する。さらにすみだは16分、FP清水和也が追加点を奪って試合を2-0にする。ここまで苦しいが続く神戸は18分、FP森脩がゴールネットを揺らし、1点を返して試合を折り返す。

後半に入っても1点をリードするすみだが試合を優位に進める。すると24分にFP宮崎曉が、28分にはFP清水和也がハットトリックとなるゴールを記録してすみだが神戸を引き離す。対する神戸はその後、攻勢を強めるもいい形でシュートを打つことができず、すみだに最後まで攻撃で時間を使われてしまい、試合終了。FP清水和也のハットトリックなど4-1で神戸を下したすみだが3連勝を飾った。