今夏わずか“14秒”の遅れで移籍が実現しなかったポルトガル代表MFアドリエン・シウバだが、ついにレスター・シティでのトレーニング参加が認められた。

スポルティング・リスボンに所属していたアドリエン・シウバは、今夏の移籍最終日にレスターへの移籍が発表。しかし、国際移籍証明書を発行するための書類が“14秒”間に合わず、移籍が認められなかった。

レスターはFIFAに対し抗議を繰り返していたが、結局移籍は認められず、選手登録は来年1月まで不可能に。アドリエン・シウバはレスターのトレーニングにも参加が認められていなかったが、この度グリーンライト(許可)が出され、12日のトレーニグから無事に参加した。

試合出場や選手登録は不可能だが、チームでトレーニングが可能になったアドリエン・シウバ。しかし、そのためには背番号が必要となり、レスターは考えた。

アドリエン・シウバが着用するトレーニングシャツに記された番号は「14」。なんとも因縁深い番号を背負うことになったが、1月以降は“14秒”の遅れを取り戻す活躍を見せてほしいものだ。