清水エスパルスは17日、FW鄭大世の負傷を発表した。

鄭大世は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のジュビロ磐田戦に先発出場。しかし、67分に途中交代していた。クラブの発表によると、鄭大世は静岡市内の病院で精密検査を行い、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治4週間とのことだ。

今シーズンの鄭大世は、J1で20試合に出場しチーム最多の9得点を記録している。