ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が、元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラー(37)がシーズン終了後に退団することになると明かした。ドイツ『スカイ』が伝えた。

カイザースラウテルンの下部組織で育ったヴァイデンフェラーは、2002年7月にドルトムントへ加入。守護神として公式戦450試合に出場している。

しかし、トーマス・トゥヘル前監督がチームを率いてからは出場機会が激減。今シーズンはここまで出場機会がない状態が続いている。

ツォルクSDは、『スカイ』に対し「ロマン・ヴァイデンフェラーが最後のシーズンであることは確かだ。我々は新たな第2GKを探していると言える」とコメント。ヴァイデンフェラーの退団を明かした。

ヴァンデンフェラーは2010-11、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献。さらに、2度のDFPポカール優勝にも貢献していた。在籍15年の元守護神GKヴァンイデンフェーラが今季限りでドルトムントを退団へ

ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が、元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラー(37)がシーズン終了後に退団することになると明かした。ドイツ『スカイ』が伝えた。

カイザースラウテルンの下部組織で育ったヴァイデンフェラーは、2002年7月にドルトムントへ加入。守護神として公式戦450試合に出場している。

しかし、トーマス・トゥヘル前監督がチームを率いてからは出場機会が激減。スイス代表GKロマン・ビュルキにポジションを奪われ、今シーズンはここまで出場機会がない状態が続いている。

ツォルクSDは、『スカイ』に対し「ロマン・ヴァイデンフェラーが最後のシーズンであることは確かだ。我々は新たな第2GKを探していると言える」とコメント。ヴァイデンフェラーの退団を明かした。

ヴァンデンフェラーは2010-11、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献。さらに、2度のDFPポカール優勝にも貢献していた。